カニ 訳あり

毛ガニ

@名前&生息地
その名の通り、殻に密生している毛から名前がついています。
栗のような形から別名「大栗蟹」とも呼ばれています。
日本海沿岸、茨城県以北の太平洋岸からアラスカ沿岸、太平洋北西部と広く分布し、水深30-200mほどの砂泥底に生息しています。

 

 

A特徴
タラバガニやズワイガニと比べると毛ガニの形は、小さくずんぐりしているのが特徴です。
甲羅はあまり固くはなく、色は赤茶褐色で、足が太く短い。オスの方が若干大きくメスの方が丸っこい形。
タラバやズワイなどの長い足のカニと比べると、足が短いため身が少ない。

 

 

B味&調理
毛ガニの魅力は何といってもカニ味噌にあります。大きさの割りに重いのは濃厚なカニ味噌がぎっしり詰まっているためです。カニ味噌は毛ガニ好きにはたまらない至極の1品であり、北海道を代表する食材として鮭、ホタテと並び、人気があります。
身は少ないですが、筋肉質で、ジューシーな甘みがあります。
鍋、ゆでガニでも美味しいですが、毛ガニはなんといっても味噌!
カニ味噌と一緒にパスタ、チャーハン、雑炊、いつもの料理にちょっと入れることで美味しさ、高級感が格段にアップし、どんな料理に入れても旨味が出るのがカニです。

 

 

C3大カニ
ズワイ、タラバ、毛ガニは日本3大ガニと呼ばれ人気です。
大きさや、味、特徴も3種3様です。
カニ身を楽しみたいのであればズワイ、タラバ
カニ味噌を楽しみたいのであれば毛ガニがオススメです。

 

 

北国からの贈り物

 

 

カニ 訳あり 産地直送激安人気カニ通販 トップに戻る⇒