カニ 訳あり

ズワイガニ

@名前&生息地
名前の由来のズワイは、昔の言葉、すわえ(楚)(=若い枝が細くまっすぐなもの)が訛り変化し、細長い足を持っているのが特徴。
別名、北陸地方では越前ガニ、山陰地方では松葉ガニと呼ばれ、メスはコウバコガニ、セイコ(セイコガニ)と呼ばれます。
また、ズワイガニは「オピリオ」、大ズワイガニは「バルダイ」など学名で呼ばれることもあります。
山口県以北の日本海と、茨城県以北からカナダまでの北太平洋、オホーツク海、ベーリング海に広く分布し、水深50-1200mの砂泥底に生息してます。

 

 

A特徴
アラスカが主な捕獲場所、クチバシの山が4つ、目の色が赤っぽく、身は繊維質で歯ごたえと甘さが特徴。
脚のトゲが多く、甲羅の三角形は平べったい。足の色の濃さ、細長い5対の足が特徴です。
タラバガニと類似されていますが)、タラバガニの方が足が太く、ズワイガニの方が足が細長い。

 

 

B味&調理
ズワイガニのカニ味噌は濃厚で美味です。メスのセコガニやセイコガニなどの卵も人気があますが、ズワイガニの身を楽しむのであればオスの方が美味しいようです。
本来の味を楽しむなら、ゆでガニ、カニしゃぶなどが甘味のある身に適しているといわれます。

 

 

Cタラバとズワイ
タラバガニとズワイガニは見た目、味にも大きな違いがあります。タラバガニは大振りな身、食べごたえ、タンパクな味。ズワイガニは繊細で甘みがありカニ本来の魅力があり、満足感で言えばタラバガニかも知れませんが、カニ本来の旨味を味わうという点では、ズワイガニという声があります。
ズワイガニは産地や品質で、本ズワイガニ、大ズワイガニ、紅ズワイガニにわけられ、ズワイガニ(松葉ガニ、越前ガニ)は高級ブランドであり、紅ズワイガニなどは下級品として扱われていることが多いです。

 

 

北国からの贈り物

 

 

カニ 訳あり 産地直送激安人気カニ通販 トップに戻る⇒